5月2日(木)は臨時休診となります。

認知症を心配されている方を対象とする外来です。
主に脳神経内科で診療いたします。
認知機能検査、画像検査、血液検査などを受けていただき、診断に応じて治療を行います。
MRIなどの画像検査は、近隣の医療施設を紹介いたしますので、そこで受けてきていただきます。
介護認定意見書が必要な方は、定期受診するようになればこちらで作成いたしますので、区役所の方にお伝えください。

認知症

脳細胞が変性(壊死・脱落)して起こる「アルツハイマー型認知症」「レビー小体型認知症」「前頭側頭葉変性症」「嗜銀顆粒性認知症」や、脳血管障害の結果として起こる「脳血管性認知症」などがあります。進行を抑える効果のある薬剤を使用したり、症状に応じて対症療法を行ったりします。
うつや解離性障害により認知症様症状を呈することもあり、そういったものが疑われるときは精神科で治療いたします。
正常圧水頭症や脳腫瘍が原因となる外科的に治療可能な認知症もありますので、その場合は脳神経外科など適切な科に紹介いたします。